NPO法人 見沼保全じゃぶじゃぶラボ

私たちは首都圏25キロ圏にある見沼田んぼや周辺斜面林の貴重な自然環境や生態系を守るため、長年保全運動を進めてきました。

3年前からは「不耕起移植栽培」によるお米作りで田んぼの復活をめざし、最近は見沼田んぼの斜面林を保全するための活動も緊急の課題として取り組んでいます。 これからの活動を持続的に責任を持って続けていくために、特定非営利活動法人「見沼保全じゃぶじゃぶラボ」を立ち上げました。

…続きを見る

BLOG最新記事

6月も新規募集はありません。

埼玉県は、まん延防止等重点措置の対応として、県主催イベントについて、中止又は延期とすることが決定されました。 本当に残念ですが、今年の田植えは県民の方の参加はできないことになりました。また、田んぼの作業ができるようになったらお知らせします。

» 続きを読む